若狭祐介 / 藍香釉 丸鉢

3,240円(税込)

購入数

瀬戸内海を臨む、広島県の江田島に10サンジというアトリエを構え、活動している若狭祐介さんの【 藍香釉 丸鉢 】は、澄んだ深海をイメージさせる、深い藍色の鉢です。

マットな質感の割に手触りはなめらかで、スープや白あえ、かぼちゃのサラダ、炊き込みご飯・・何を盛り付けようかと想像膨らむ器。

家庭料理も上品な日本食にレベルアップしそうな、高級感がありつつも親しみやすい若狭祐介さんの器は、普段から食卓に並べてお楽しみいただきたい、そんな作品です。




【 若狭祐介 陶歴 】

2003 奈良芸術短期大学 卒業
     能登島ガラス工房 修了

2004 日本芸術院会員・今井政之氏に師事

2010 能美島にて独立

2012 第29回 田部美術館茶の湯の造形展 入選

2013 第31回 長三賞常滑陶芸展 入選


● 素材
陶器

● サイズ
φ120mm H70mm


- 電子レンジ:不可

- 食洗機  :不可

- オーブン :不可


【お手入れについて】

ご使用後はよく水洗いして十分に乾燥させてから収納してください。吸水性があるため、乾燥不十分ですと、カビ・しみ・臭いの原因となります。
器についた臭いは、茶殻でとれます。(お茶に含まれる成分が嫌な臭いを吸収してくれます)
鍋に8分目くらいまで水を入れ、茶殻(緑茶やほうじ茶)をひとつかみ入れて火にかけ、器を10分くらい煮立てます。
カビ臭さには酢が効果的です。(酢の殺菌、消臭効果を利用します。)鍋に8分目くらいまで水を入れ、酢大さじ2〜3杯を加え、器を10分くらい煮立てます。